ゲーム

『信長の野望』って何を楽しめばいいの? 初心者の疑問

https://www.jp.playstation.com/blog/2017/09/20170929-taishi-thum.jpg

「信長の野望 大志」が発売して、1週間以上経過しました。

 

歴史が好きなので、楽しみに待ってようやくシリーズ初見プレイ!

 

前回の記事でも記載しましたが、結構難しくて、楽しさよりも難しさが勝っているのが現状です。

 

 

www.master–piece.net

 

私は、毛利元就でスタートして、西日本を制圧するところまできました。

しかしながら、まだ楽しさの絶頂に達しておらず、「何をどう楽しめばいいのかわからない」ままです。

 

もしかしたら、同じ気持ちの人が多いのではないかと思います。

 

理由の一つに、単調であるのに、自由度が少ないがあると感じました。

 

毎月、できる行動としては、「開戦」「外交」「募兵」「商業」「農業※3か月に1回」のみでパターンが決まっています。

コツコツ商業と外交で、金銭と兵糧をため込む。ある程度たまったら、近くの領土へ攻め込む。そして、また、金銭と兵糧をため込む。

この繰り返しです。

 

難易度がノーマルだからなのかわかりませんが、簡単に同盟が組めるし、交渉で簡単に兵糧も取得できます。

本作のポイントである「志」機能もあまり感じることもありません。

シナリオがたまに入ってきますが、んーー。音声がないからなので、盛り上がりに欠けます。正直、「戦国無双」の方がテンションあがります。

 

「信長の野望」ファンの友人の面白いポイントとしては、「城攻め」ということでした。複数の部隊を四方からせめて、挟み撃ちにして、兵力が少ない城のすきをついて、城を奪うのが楽しいらしいです。

 

私からみると、攻め方も単調に感じます。コツさえわかれば、簡単でそこからは作業でしかないです。

キャラとして、みんなかっこいいのですが、ゲームスタイルがつまらないです。

 

昔からのファンが多いため、期待していましたが、残念ながら、私には合わなかったようです。

 

https://mirasin.com/wp-content/uploads/2016/08/mercari_article.jpg

レッツメルカリ!!!

 

それでは、よい暇つぶしを。