仕事効率化

プロ社内ニートになる方法

プロ社内ニートのなる方法

おはこんばんにちわ。結城ひじき(@Himazin_leisure)です。

 

「副業をやったり、本をたくさん読みたい!!」

しかし、時間がない。なぜなら、会社員だからです。

 

しかし、午前中で仕事を終えて、午後は自由時間の生活。

いわゆる「プロ社内ニート」になりたくありません?

 

【過去の関連記事】

社内ニートは目指すべき職業である

プロ社内ニートは会社から必要とされる存在

 

今回は、プロ社内ニートになる方法をご紹介いたします。

 

個人結果重視型の職種に就こう

プロ社内ニートは、なりやすい職種なりにくい職種があります。

極論、自分の努力次第で、どんな仕事もプロ社内ニートになることが可能です。

しかし、どうしても難易度が異なるため、まずは、自分の仕事がどのくらいの難易度であるかは把握しましょう。

 

なりやすい職種

なりやすい職種の条件は、「結果重視型」「個人目標型」の2つです。

  • 「結果重視型」・・・会社から達成すべき目標を与えられており、その方法は自由である職種
  • 「個人目標型」・・・チームで協力する必要がなく、個人目標のみである職種

 

目標達成に対して、個人の裁量に任せられていることが非常に重要です。

わかりやい例としてあげられるのが、「営業職」です。

会社から目標を与えられ、それを達成できていれば、会社から評価がもらえる典型的な職種です。

Web/システム運用系も比較的なりやすい職種と言えます。もちろん、障害が発生した場合は、難しいですが、それ以外の安定運用フェーズに入ると、担当の守備範囲が明確になっており、その守備範囲が守られていれば、問題ありません。

<職種例>

  • 一般事務職
  • 営業職
  • Web/システム運用系

 

なりにくい職種

なりにくい職種の条件は、「受身作業型」「チーム目標型」「クリエイティブ型」です。

  • 「受注作業型」・・・クライアントから作業依頼が中心で自分で仕事量を調整できない職種
  • 「チーム目標型」・・・チームと協力して、助け合いが求められる職種
  • 「クリエイティブ型」・・・企画力や発想力が重要とされる職種

 

そもそもPC作業でない「販売職」は残念ながら難しいでしょう。

CMをつくる人などもあまり相性はよくありません。なぜなら、作業プロセスが決まっておらず、

成果物が決まっていないからです。

エンジニアやコンサルタントのように、プロジェクト単位での業務の場合、

他メンバーの業務が遅れている場合は、代わりに業務をする必要があるため、難易度は高いです。

しかし、コツをつかめば、可能です。私も過去コンサルタント業務をしながらプロ社内ニートをやっていました。

 

<職種例>

  • 販売職
  • コールセンター
  • ITコンサルタント
  • エンジニア

 

全ての業務を自動化しよう

なりやすい職種を把握したところで、その業務を自動化しましょう。

人ができる仕事はほとんどは自動化可能です。

ほとんどの仕事は、知識とやり方を知っていれば、誰でもできる仕事です。

 

自動化する方法はいくつかありますが、代表例としては以下3つです。

具体的な方法などは別の記事でご紹介するため、乞うご期待です。

 

自動化する方法例

  • ツールを構築する
  • あらゆるパターンを想定し、準備しておく
  • 他に人に任せる

 

会社から圧倒的な信頼を勝ち取ろう

一番重要なことは、「会社からの信頼」です。

信頼がないと、プロセスを報告しなければいけなかったり、監視されたりしてしまいます。

 

信頼を得る為に、必要なことはたった一つです。

それは、「結果」です。

 

まず、与えられた仕事の結果の120%達成し続けることが「信頼」を得る最短距離です。

120%の結果を半年から1年続けると、自由が与えられることでしょう。

 

それが一番難しいんですけどね。

 

しかし、誰にでも120%の結果を出すことは可能です。

 

今後、このブログで随時ご紹介していきますので、

是非、ごひいきに。