ゲーム

『Conan Outcasts (コナン アウトキャスト)』の特徴と評判を集めてみた

コナンアウトキャスト魅力と評判まとめ

おはこんばんにちわ。結城ひじき(@Yhiziki)です。

最近、面白いゲーム少ないなと思っていたら8月にやばそうなゲームが発売されると知ってしまいました。それが、『Conan Outcasts (コナン アウトキャスト)』というPS4のゲームです。

調べれば調べるほど面白うそうなので、作品の特徴や魅力、みんなの評判を情報を集めてみました。是非、一緒にプレイしましょう。

『Conan Outcasts (コナン アウトキャスト)』とは

とりあえずトレーラーを見てください。すべての魅力が詰まっています。

『Conan Outcasts (コナン アウトキャスト)』は北米で100万本以上売り上げている「Conan Exiles」の日本版のサバイバルアクションゲームです。

過酷な環境を生き抜くサバイバル要素や、自由度の高いクラフトといった人気の要素に加え、敵対的なNPCを捕らえて奴隷として使役する独特のシステムを導入。さらには最大40人での大規模マルチプレイを実装し、共闘や抗争を楽しめるなど、海外では大きな話題を呼び、高い評価を得ている。製品版に先がけて実施されたアーリーアクセスの時点で、100万本以上のセールスも記録!

どんなゲームであるかわかりやすく説明すると、「マインクラフト」+「モンスターハンター」+「ゼルダの伝説」のいいとこどりのゲームです。

舞台はなにもない荒野。追放された主人公が服なし、食べ物なし、家なしの状態からゲームがはじまる。少しずつ食料や材料を集めていくことで生活を豊かにしていくのだ。

▶Conan Outcasts (コナン アウトキャスト)でできること

  • キャラカスタマイズの自由度が高い
  • オープンワールドで何でもできる
  • 自由に建築できる
  • 巨大生物を狩ることができる
  • 奴隷を使役することができる
  • 他国との戦争もある
  • 壁も山もよじ登ることができる
  • オンラインで戦争や共闘ができる
発売情報

●プラットフォーム
PlayStation 4

●発売日
2018年8月23日(木)予定

●価格
6.800円(税別)

●ジャンル
オープンワールドサバイバルアクション

●プレイ人数
オフライン1人、オンライン1~40人(予定)

●CEROレーティング
Z(18才以上のみ対象)

 

『Conan Outcasts (コナン アウトキャスト)』の魅力

以下 「8月23日、空前規模のオープンワールドサバイバルアクション『Conan Outcasts』日本上陸!」より抜粋

【SURVIVE】
すべて自給自足で、過酷な世界を生き延びる

本作は、プレイヤーキャラクターが罪人として砂漠で磔の刑に処され、死を待つのみというシーンから幕を開ける。偶然通りかかった英雄コナンによって解放されるものの、身にまとう衣服すら満足に持たないまま、危険な荒野を生き抜かなければならない。

敵対的な生存者や野生動物以外にも、空腹、のどの渇き、気温、そして強烈な砂嵐がプレイヤーの生命を脅かす。武器、食料、水、衣服、さらには住居やそこで働く労働力までも、現地調達と自給自足で補っていかなければならないのだ。

プレイヤーの分身となる主人公は、偶然にも英雄コナンに助けられる。もしあとほんの少し運が悪ければ、磔になっている罪人たちの仲間入りをしていただろう。だが、この地で生き抜くよりは、磔のまま死を迎えたほうが幸せだったかもしれない……。

プレイヤーキャラクターは、ほぼ垂直の壁もよじ登れる。天然の岩壁だけでなく、点在する遺跡やプレイヤーが作った建造物の壁などもよじ登ることができるため、移動の自由度は非常に高い。

世界は非常に広大で、砂漠だけでなく、ジャングルや雪原、火山地帯などがある。また、各所に古代の遺跡や洞窟も点在している。

【DOMINATE】
戦わなければ、生き残ることはできない

本作の舞台となるのは、文明社会から程遠い流刑の地。都市や村などは全く存在しないが、プレイヤー同様、この地に追放された者同士が結託し、小さなコミュニティを形成している様子が各地で見られる。

こうした生存者たちは、基本的に主人公に対しては敵対的であり、野生動物やモンスターと同じく危険な存在と言える。しかし一方で、こうしたNPCたちを服従させ、自分の奴隷として使役することも可能となっている。

片手剣、両手剣、短剣二刀流、棍棒、槍、投げ槍、弓矢など、豊富な武器が用意されている。通常攻撃と強攻撃、ドッジ(回避)、蹴り、盾を使ったガードなど、戦闘での選択肢も多彩だ。

この地にいる者たちのほとんどは、主人公と同様、罪人として追放された身。彼らには交渉など通用しない。あるのは勝利か、敗北だけだ。もちろん人間以外にも、さまざまな野生動物やモンスターたちが生息している。

投石器などの攻城兵器、供物を捧げることで召喚できる巨大な神の化身など、敵対者の要塞を攻め落とすための強力な攻撃も用意されている。これらは特にマルチプレイで、その威力を発揮する。

【BUILD】
この地に住むための拠点を構築せよ

もはや、かつての生活に戻ることは望めない追放者たち。彼らがこの地で生き永らえるためには、拠点の構築が不可欠となる。素材を集め、土台や壁を作り、自分だけの拠点を作り上げよう。

新たな道具を作るためのクラフトステーションや、多彩な機能とデザインを持った家具、壁に掛ける野生動物のトロフィーなど、拠点を装飾できるアイテムも多数そろっている。さらに、崖の壁面に沿って拠点を建築し、立体的な空中都市を建造するといったこともできる。

敵対的なNPCを気絶させて拠点へ連れ帰り、奴隷としてさまざまな役務に従事させられるのもポイント。NPCは、それぞれに職業が設定されている。例えば、ほかの部族の鍛冶屋を奴隷にすれば、自分の拠点でも同様に鍛冶屋として働かせ、プレイヤーには作成できないアイテムを作らせることが可能となる。

NPCを服従させるためには、「苦難の輪」を使用する。休むことなくこれを回させて彼らの心を折り、誰が支配者かを理解させるのだ。

『Conan Outcasts (コナン アウトキャスト)』評判

https://twitter.com/metao777/status/1024301116584943616

さいごに

発売日が近づくにつれてだんだんと期待する人が増えている印象です。私の周りにも予約をした人がちらほら出ています。

建築の自由度がどの程度なのか不明ですが、PVを見る限りはかなりオリジナリティを出せるようですね。でも、せっかく作った家が破壊されるという恐怖がすくそこにある状態なので、こだわりすぎは注意かもしれません。

私は発売日に速攻購入します。初回購入特典があるようなので、せっかくであれば、ほしいところです。

是非一緒にプレイしましょう。