漫画

結末が気になって読んでしまう。ミステリーおすすめ漫画【5選】

20世紀少年 & 21世紀少年

『本格科学冒険漫画 20世紀少年』(ほんかくかがくぼうけんまんが 20せいきしょうねん)は、浦沢直樹による日本の漫画。

1999年から2006年まで『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて連載された。完結編である『本格科学冒険漫画 21世紀少年』(21せいきしょうねん)は、2007年1月から7月まで連載された。単行本は『20世紀少年』が全22巻、『21世紀少年』は上・下巻の2巻が刊行されている。作品名は、T・レックスの楽曲「20センチュリー・ボーイ」に因んだものである。

第48回小学館漫画賞青年一般部門をはじめ、第25回講談社漫画賞一般部門、第6回文化庁メディア芸術祭優秀賞、第37回日本漫画家協会賞大賞、第39回星雲賞コミック部門、フランスジャパンエキスポアワードグランプリ受賞、海外でも2003年にヨーロッパ最大の漫画賞と言われるアングレーム国際漫画祭の最優秀長編賞を受賞する。その他にも多数の賞を受賞している。2010年12月時点で累計発行部数は2800万部を記録
一番の魅力は、結末が想像できないことです。

少年のころに憧れていた英雄が今自分自身になろうとしている。

しかしながら、大人になったことで現実的なことを考え、踏みとどまってしまうリアルな感情に共感を覚えます。

いつまでも少年の心を忘れない大人になった男の人にこそぜひ、読んでほしい作品です。

 僕だけがいない町

タイムリープ能力を持つ主人公が、過去に行って自分と周囲の人々を襲う悲劇を回避するミステリー・サスペンス漫画である。単行本は本編は全8巻。『ヤングエース』(KADOKAWA)にて、2012年7月号から2016年4月号まで連載された。『このマンガがすごい!2014』オトコ編第15位。『マンガ大賞2014』第2位。

1巻は前提の説明でいまいちピンとこないストーリーでしたが、2巻からストーリーが急展開して、ハラハラドキドキが止まらず、初めて読んだときは一気に全巻読んでしまいました。全巻といっても8巻なので、あっという間に読みれてしまうと思います。

予告犯

警視庁のネット犯罪の対策部署として設立されたサイバー犯罪対策課。ある日、動画サイトYOURTUBEに、新聞紙を頭に被った男が、某食品加工会社に放火の予告をしている動画が発見される。その後も幾度となく犯罪予告を繰り返す男。警視庁はこの男を“新聞男”と名付ける。サイバー犯罪対策課は新聞男は複数犯であると睨み、新聞男らの正体や動機を探るべく本腰を入れて調査を始めるようになる。

正義とは何か悪とはなにかを考えさせられる漫画です。

人は悩み苦しみ自分の場所を探していて、何か目標を見つけたとき本当に強い人間になるということを感じました。

人間の強さと弱さを感じました。

ミュージアム

 『ミュージアム』は、巴亮介による日本の漫画作品。講談社の『週刊ヤングマガジン』にて、2013年35号から2014年10号まで連載された。また、2016年43号・44号に新作エピソードが掲載された。雨の日にだけ現れ、残虐な猟奇殺人を続ける「カエル男」と、それを追う警視庁捜査一課の刑事・沢村久志を中心としたサスペンスホラー。

不気味な雰囲気の中に少しずつ謎が解明されていくスピード感のある作品でした。グロイ描写もあるので、苦手な人は苦手かもしれませんが、なぜか癖になって次も読んでしまいます。

映画のSAWなどが好きな人は確実に好きだと思います。

 

DEATH NOTE(デスノート)

『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 – 大場つぐみ・作画 – 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 – 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

誰も知っている作品だと思いますが、意外と原作の漫画を読んだことがある人はいないようです。映画とは結末が少しことなるのも面白みがあります。

映画ではかなりカットされているシーンでもキラとLの思考バトルが興奮させられてしまいます。

第2章のニア編での、キラのイカれている表現は、本当に作画のセンスを感じます。

ミステリーやサスペンス系は、考えさせられることが作品が多いですね。

刺激が不足している大人の方に是非、読んでほしいと思います。